Profile - 山季布枝プロフィール -

○プロフィール

 山季布枝は高校卒業後、オーストリア・ウィーン国立音楽大学に入学。
在学中から、ウィーン国連音楽クラブ主催のコンサートや、ウィーン・ベートーヴェン・ハウスでのコンサートに出演。リサイタル、2台ピアノや連弾アンサンブル、室内楽や歌曲伴奏などの演奏活動をする。とりわけウィーン6区区長主催の「ウィーン音楽の夕べ」では、「なんという絶妙なワルツ!」と、ウィーン子達をうならせた。在学中の1980年に一時帰国し、ピアノリサイタル、オーケストラとの共演(モーツァルトのピアノ協奏曲)で日本デビュー。

 同大学を卒業後、国内外でピアノリサイタル、協奏曲のソリストとしての活動はもちろんのこと、多くの海外演奏家からの指名で、ピアノ・デュオ、室内楽、歌曲伴奏なども行っている。
また、山季布枝の「トーク・コンサート」はたいへん人気があり、全国から要望がある。企業のVIPが作る音楽鑑賞会でも頻繁に指名され、その評価は高く、ジャンルをとわない演奏に強い支持を得ている。

 一方、後進の指導にも力を入れ、全国でピアノ・レクチャーコンサートを数多く開催。「バッハ・セミナー」には『バッハの弾き方がわからない』『バッハ作品を生徒にどう教えていいかわからない』というレスナー達が全国から参加している。レクチャーに参加できないレスナーの要望で、2005年のピアノ専門月刊誌「ムジカノーヴァ」8月号、9月号の特集記事に誌上レクチャーとして寄稿。
2012年にJ.S.バッハ 「インヴェンション」【演奏例実記版】〜バッハからの伝言〜(校訂・解説・運指 山季布枝)をヤマハミュージックメディアから上梓。

 2001年のベルギー、テノール歌手Z・ヴァンダーシュティーネ氏と「ベートーヴェンの夕べ」「シューベルトの夕べ」「シューマンの夕べ」で共演。同年、スロヴァキアに招かれ「ベートーヴェン・月光ソナタ創作200周年記念演奏会」に出演し、その模様はスロヴァキア国営TV局やラジオ局から放送された。
その時の演奏に対し、スロヴァキア共和国・国際フンメル基金・文化遺産保護団体より「ルビツァ・バロバー賞」を授与された。更にスロヴァキア共和国・ベートーヴェン協会会員に推挙され、日本の音楽雑誌にも注目され紹介された。首都ブラティスラヴァのほか2都市でもコンサートを行い、その出演料をスロヴァキア共和国・国際フンメル基金・文化遺産保護団体に寄付するなど、芸術保護にも貢献している。

 2000年以降は「ピアノ300年・グランフェスティヴァル」(日本J.N.フンメル協会主催)紀尾井ホール、「山季布枝と素敵な仲間たち〜心の響き・心の安らぎ〜」紀尾井ホール、「幻想の調べ」王子ホール、NHK愛宕山ホールでの「山季布枝ピアノ・トークコンサート」(全8回)など多岐にわたる。 チャリティーコンサートも積極的に行い、「新潟水害チャリティーコンサート」「上越大地震チャリティーコンサート」を開催し、収益金を日本赤十字社に寄付。
「東日本大震災の被災地支援」は様々な角度から継続的に行っている。山季門下生の《マリンコンサート》では募金を、門下生有志による勉強会《クララ会》では“被災地へピアノ贈ろう”をサブタイトルとしたコンサートを定期的に開催し、門下生のリサイタルやジョイントコンサートでも、この活動に賛同している。

 音楽療法の分野では、病院、高齢者施設において定期的な療法活動をする一方、音楽療法士の育成指導も行っている。


 CDは「~エリーゼのために~山季布枝ピアノリサイタルvol.1」
「~トロイメライ~山季布枝ピアノリサイタルvol.2」
「江戸でピアノを」
「山季布枝2005クリスマスCD」「山季布枝2006クリスマスCD」
「山季布枝ピアノコンサートvol.1」がある。
その他、J.S.バッハ インヴェンション【演奏例実記版】〜バッハからの伝言〜(校訂・解説・運指 山季布枝)をヤマハミュージックメディアから上梓。
「ピアノの秘密」(立風書房)にも寄稿。

 現在、日本J.N.フンメル協会常任理事、日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員、国立音楽院講師。『サロンドアール山季』主宰

○Profile: Nobue Yamaki

Ms.Yamaki is a Japanese national living and performing in Japan.
She graduated from the Austria Vienna National Music College. As a student, she performed in concerts. She performed solo piano recitals, a piano duo, two pianos, a rendition of chamber music and she also accompanied a singing solo performance. She played Wiener Waltz in “Evening of Viennese Music”. The Viennese audience greatly admired her music. As a student, she also made her stage debut in Japan.

After graduating from university, she became increasingly popular both domestically here in Japan as well as in many European countries. She had frequent requests to preform duo as well as ensembles and accompaniments.
One of her signature performances “Talk Concert” (performing with comments) has become greatly popular among her fans.

In 2001, she was invited to the Slovak Republic and performed 200th Commemorative Concert of Moonlight Sonata composed by Beethoven.
Her performance was broadcasted live and she was awarded “Rubiza Baloba” by the International Hummel Fund and the Slovak Republic Protecting Cultural Heritage Organization.
She also performed in various concerts throughout the Slovak Republic upon where she donated her purse to the Hummel Fund.

At present she teaches piano at conservatory here in Japan as well as holding lectures and concerts throughout the country. One of the seminar that she is conducting “How to play Bach music“ is very popular here in Japan.

She has been published in many magazines and publications. Her article on J.S.Bach was immensely popular. In 2012 she published the book “Invention” from YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. In which she edited “Invention” composed by J.S.Bach and wrote about the interpretation on playing and fingering. It was headed “Message from J.S.Bach”.
Other unique performances that she has given have included “Yamaki Nobue and her pleasant companies” performed at Kioi Hall, “Sound of fantasy” performed at Oji Hall. She often holds charity concerts. After the Great Eastern Japan Earthquake of 2011, She holds charity concerts for donating piano’s to people who are living at the ground zero disaster area.
She has released several CD’s and appeared on internet TV. She continues to share her music as a means of music therapy at hospitals and senior’s homes. Currently she is the Director of the Japan J.N Hummel Association. She is also a full member of the Piano Teacher’s National Association of Japan and a resident teacher at the Kunitachi Academy of Music.

(c) 2005 Salon de Art / Nobue Yamaki